脱毛後にできるブツブツ!毛嚢炎の正体を徹底調査

脱毛後にできるブツブツ!毛嚢炎の正体を徹底調査

脱毛後の毛嚢炎とは?

。脱毛などで肌が痛んで弱くなると、毛穴の奥の毛包に雑菌が感染して毛嚢炎が起きやすくなります。見た目はニキビの小型版のようですが、厳密に言うとニキビとイコールではありません。
出典:https://beautyskinclinic.jp/media/folliculitis/

毛嚢炎は誰の肌にもいる常在菌と呼ばれる細菌が起こした炎症反応のことです。
出典:https://iryoudatumou.biz/mounouen/

脱毛後に毛嚢炎なる原因は

毛嚢炎になる原因は、カミソリや毛抜きなどムダ毛の自己処理や、汗などで肌が湿って不衛生な状態が続くことです。カミソリや毛抜きで、肌や毛穴にダメージを与え、そこに汗や皮脂がたまり雑菌が繁殖することで毛嚢炎を引き起こしてしまいます。
出典:https://datsumou.love/column/useful/caution/folliculitis/

毛嚢炎になってしまったときの対処法は様々ですが、脱毛をして毛嚢炎かな?と思われたときはよく冷やすことをお勧めします。
出典:http://urx.red/LVGq